Lethal Police

ゲームについてのあれこれ。

【酒場の喧嘩】仁義なきガジェッツァン頂上作戦【考察】

どうも、もちこです。

 

記事の更新が大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

風邪で寝込んでおりました…。

季節の変わり目ですので、皆様も体調には気を付けてください。

 

今日は木曜日ということで、酒場の喧嘩の記事です。

ここの所、デッキ構築不要の酒場の喧嘩が続いているため、正直書くことがないです…(小声)

 

今週のルール

 

f:id:mochicoman:20170302180450p:plain

 

デッキ構築は不要で、「仁義なきガジェッツァン」のパックに収録されているカードの身によって構築されたランダムなデッキを使って戦うルールとなっております。

 

ヒーローは、ガジェッツァンの3大犯罪組織のボスである

 

「カザカス」「ドン・ハン=チョー」「アヤ・ブラックポー」

 

を使うことができます。

エモートもそれぞれ新ヴォイスなのでぜひ連打してみてください(笑)

 

ヒーローパワーもそれぞれユニークなものになっております。

(以下画像参照)

 

f:id:mochicoman:20170302181057p:plain

f:id:mochicoman:20170302181104p:plain

f:id:mochicoman:20170302181109p:plain

 

感想と考察

 

今回の酒場では、圧倒的に「ドン・ハン=チョー」が強いです。

現在のスタンダード環境では全く活躍できていないグライミーグーンズですが(ウォリアーは海賊なのでノーカン)、ハンドバフはここまで強力なものだったのかということをわからせてくれました。

 

デッキがランダムということもあり、アリーナでバフが強いのと同じ原理で「ドン・ハン=チョー」が強くなっているのではないかなと思いました。

 

「仁義なきガジェッツァン」に収録されているカードのみで構築されたデッキということで、普段あまり使うことのないカードが意外な活躍を見せてくれたりととても楽しかったです。

 

「新拡張の情報も出始めているけど、ガジェッツァンもまだまだ楽しんでね!」

 

というブリザードメッセージが込められた酒場の喧嘩だと思いました。

 

 

 

今回の記事は少し短くなってしまいましたがここまでとなります。

私はお薬を飲んで寝ようと思います…(涙)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com