Lethal Police

ゲームについてのあれこれ。

ゴールデンカードの活用法

どうも、もちこです。

 

寝違えていた首はだいぶ良くなりましたが、今は花粉症に苦しんでいます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日の記事では、「Hearthstoneのゴールデンカードの活用法」について書いていきたいと思います。

(※今回の記事は資産に余裕がある人向けです。あくまで私個人の活用法を紹介するだけなのでこれが正解ということはありません。)

 

ゴールデンカードとは

 

まず、ハースストーンにはすべてのカードにそれぞれノーマルカードゴールデンカードが存在します。これらはプレイする上で見た目以外区別されず、全く同じ効果を発揮します。

f:id:mochicoman:20170224192727p:plain

f:id:mochicoman:20170224192745p:plain

 

このようにゴールデンカードはカードの枠が金色で、イラストが動くようになっています。とてもかっこいいですが、作成するには通常のものと比べて2倍の魔素(ダスト)が必要になります。

 

私は基本的にレアリティに全くこだわりがありません。

「使えるなら安いほうでいい」と考えています。

 

そんな私ですが、一部のカードに限ってあえてゴールデンにしています。

今回の記事では、その理由活用法を皆様とシェアしていきたいと思います。

 

ゴールデンにする理由と活用法

 

私はワタリガラスの偶像」「おしゃべりな本」などの、「発見」の効果を持つカードをあえてゴールデンにしています。

その理由は、

 

「デッキに元から入っているカードと発見によって手に入れたカードを区別するため」

 

です。

 

具体的な例を挙げてみましょう。

 

f:id:mochicoman:20170224200351p:plain

 

この試合、私はマリゴスドルイドを使用しています。

1ターン目にプレイしたワタリガラスの偶像」から「なぎ払い」を発見しました。

この画像のように、「発見」の効果を持つカードがゴールデンだと、そこから発見されるカードもゴールデンになります

 

こうすると、私のデッキに元から入っている「なぎ払い」はノーマルにしてありますので、一目でどちらが発見によって手に入れたカードか区別することができます。

 

なぜ区別する必要があるのかについてですが、これはハースストーンの基本的なプレイングに関係します。ハースストーンはレジェンドカードは同名カード1枚まで、その他のカードは同名カード2枚までをデッキに入れることができますね?これを利用します。

 

たとえば、このゲーム中に「なぎ払い」を1枚使っていて、自分の手札に発見した「なぎ払い」元からデッキに入っている「なぎ払い」(最後の1枚)があり、「なぎ払い」を使いたい場面に遭遇したとします。この場合は、元からデッキに入っている方から使うのが正解です。なぜなら、これにより相手に「もうなぎ払いは2枚使い切った。」と思わせることができるからです。相手にこう思わせることで、翻弄させたり、突然のリーサルを決めることができます。

 

さらに、ハイランダー構築のレノメイジにおける「おしゃべりな本」も同様の活用ができます。レノメイジは基本的に各カード1枚ずつしかデッキに入れていないのでもっと単純ですね。相手に「さっきこのカードは使ったはずだしもうないだろう」と油断させることができます。

 

f:id:mochicoman:20170224202622p:plain

※秘策カードは、おしゃべりな本から発見されたものであるか否か相手はわかりません。これも応用して相手を翻弄してみましょう。

 

冒頭で紹介した「蒐集家シャク」は、対戦相手のクラスから発見するので区別も何もないのではないかと思われるかもしれませんが、ローグのミラーマッチでは区別をする必要があります。アグロローグが最近流行りつつあり、ミラーマッチが増えると思われますので十分役に立つと思います。

 

注意点

 

この方法による区別の注意点としては、

 

「発見」の効果を持つカード以外はゴールデンにしない

 

ということです。

どっちもゴールデンになると区別も何もないですからね。

当たり前のことですが一応注意喚起をしておきます。

 

さいごに

 

私のゴールデンカードの活用法はいかがでしたでしょうか?

 

「そんなの自分の頭で覚えておけばいいじゃん。」と言われればごもっともなのですが、こういう方法もあって私はこれを実践しているよというご紹介でした。

 

ぜひゴールデンカードを活用してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

【酒場の喧嘩】クローンボール!【考察】

大変ご無沙汰しております、もちこです。

 

実は最近ひどく寝違えまして、記事を書くことはおろかベッドから起き上がることもできませんでした。だいぶ良くなってきたので、今回はリハビリがてら軽~く書いて見ようと思います。

 

さて、今日は木曜日ということで酒場の喧嘩の記事です。

 

今週のルール

 

f:id:mochicoman:20170223164447p:plain

 

以上のようになっております。

今週は構築が不要なルールのためデッキ紹介はありません。

 

7種類のレジェンドミニオンがそれぞれ4枚ずつ入っている計28枚のランダムなデッキを使って遊ぶというルールになっております。

 

レジェンドミニオンはその強力さゆえにデッキに同名カードは1枚しか入れることができません。今回は4枚も使えるということでかなり豪快な戦いが楽しめます!

 

考察

 

実はこのルール、去年にも同じものがありましたが、その時は6種類のレジェンドミニオンそれぞれ5枚入った計30枚のデッキが構築されていました。

 

では、なぜ今週のルールでは7種類×4に変更されたのでしょうか??

 

おそらくそれはこいつのせいです。

 

f:id:mochicoman:20170208154605p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

まあ、もう言わなくてもわかりますよね…ww

特に考察するまでもありませんでした。ハイ。

 

もちろん今週のルールでもパッチーズはデッキに入る可能性があります。

 

実際に使ってみた

 

f:id:mochicoman:20170223165713p:plain

 

お相手の方はこの後すぐにはじけ飛びました。

無茶苦茶してごめんなさい…

 

さいごに

 

デッキ構築が不要な酒場の喧嘩の記事って何を書けばいいか難しいですね。

今回はかなり軽めになってしまいましたが、今後こういうのが読みたいとかありましたらコメントやリプライで教えてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

【酒場の喧嘩】鮮血の魔術【デッキ紹介】

昼夜逆転が治りません、もちこです。

美容に良くないので早く何とかしたい…(切実)

誰か良い方法あったら教えてください。

 

さて、今日は木曜日ということで酒場の喧嘩のデッキ紹介です。

 

今週のルール

 

f:id:mochicoman:20170216144305p:plain

 

以上のようになっております。

簡単に言うと

 

「マナコストを自分の体力で支払えるよ」

 

ということです。

 

使用デッキ例

 

このルールを見たときに、真っ先に先行ワンターンキルを考え始めました。マナの概念があるゲームでは1ターンに使えるカードにどうしても上限があるため、先行ワンターンキルというのは難しいものです。しかし、このルールならば体力で支払えるのでその縛りが弱くなっているため、それが可能なのです。

 

遊戯王をプレイしていたころはワンキルを狙えるコンボデッキが大好きだったので、当時の血が騒ぎましたね(満足民並みの感想)。

 

・無限ドロードルイド(ボツ)

 

f:id:mochicoman:20170216145501p:plain

このルールではたくさんの呪文を使うことができます。

そこで、「ガジェッツァンの競売人」が場にいる状態であればたくさんドローできて気持ち良いのではないかと考えました。

 

f:id:mochicoman:20170216145653p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

デッキのミニオン「バーンズ」「ガジェッツァンの競売人」のみにすることで確定でコピーを出すことができます。また、「バーンズ」は4マナなので後攻であれば「練気」「コイン」を用いて1ターン目に着地させることが可能になります。

 

 f:id:mochicoman:20170216150021p:plain

f:id:mochicoman:20170216150031p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

これで気持ち良くなれる!!!!と思ったのですが・・・

 

 

 

 

 

「時間が足りなかった」

 

 

 

 

 

ドローや選択に時間がかかるため、全然間に合いませんでした…(涙)

というわけでボツです。発想は良かったと思うのでもし何か解決策があれば教えてください!!なn

 

 

・アグロパラディン

 

最近スタンダードではほとんど見なくなったかわいそうなウーサー君ですが、今週の酒場ではおそらくTier1です。すごーい!!

 

f:id:mochicoman:20170216150606p:plain

 

なぜ強いかというと、軽いバフカードがたくさんあるからです。

先行でバフして殴れるように突撃に代わるカードを多数採用しています。適度に回復やドローをしながら「海賊パッチーズ」「南海の甲板員」をバフしてワンショットキルを狙いましょう。どんどん呪文を使って手札がなくなるので「神聖なる恩寵」でたくさんドローできるのも気持ちがいいです。

 

f:id:mochicoman:20170216151120p:plain

 

実際に使ってみるとこんな感じになります。

 

 

「超気持ちよかった」

 

 

さて、ここまで読んだ人の中には「パッチーズ持ってないよぉ…」という方もいらっしゃることでしょう。ご安心ください。そんな方のためにデッキを組んでみました!

 

・イノシシOTKパラディン

 

f:id:mochicoman:20170216151409p:plain

 

要するに突撃を持つミニオンをバフして殴ればいいんです(トログ並みの知能)

つまり、イノシシでいいんです。いや、イノシシいいんです!(?)

 

f:id:mochicoman:20170216151951p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

基本的な動きは同じで、

 

「石牙のイノシシ」をなんとか引いてきてバフして殴るだけ

 

です。

 

f:id:mochicoman:20170216152224p:plain

 

実際に使うとこんな感じになります。

ね?気持ちいいでしょう??

 

 

さいごに

 

今週の酒場はいつも通りめちゃくちゃです(笑)

もしよかったら上記で紹介したデッキを使って気持ちよくなってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

f:id:mochicoman:20170216152548j:plain

 

もちこ

 

twitter.com

 

 

 

 

【パッチ7.1】ナーフ&新システムについての考察【ハースストーン】

おそようございます、もちこです。

 

日本時間の本日(2月15日)早朝にリザードからハースストーンの新パッチについて発表がありました。今回は変更点についてまとめ、それについて簡単な考察をしていきたいと思います。

 

ナーフについて

※ナーフ(Nerf)というのは下方修正を意味します。ゲームのバランス調整のためにカードに下方の変更が加えられるということです。

 

・ちんけなバッカニーア

 

f:id:mochicoman:20170215150746p:plain

画像はHeathPwn様、HearthGamers様から引用させていただきました。

(手に持ってるランタンはどこに行ったんですかね…ランタンがなくなった分ヘルスが1減ったのか…???)

 

今回のパッチでヘルスが2から1に変更されました。

以前から問題視されていたカードで、私が見飽きて嫌になるくらい使われていましたね。下方修正の対象になったのは妥当だと思います。

 

このカードは主に「海賊ウォリアー」「アグロシャーマン」などのアグロデッキに採用されていましたね。この変更は「海賊ウォリアー」にとってはおそらくかなりの痛手だと思います。では、現在猛威を振るっている「アグロシャーマン」についてはどうでしょうか?

 

f:id:mochicoman:20170215151743p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

私はこのカードの存在によって、おそらくプラマイゼロなのではないかと考えます。

 

「ちんけなバッカニーア」は自分で使うときは強く、相手に使われると除去しにくいカードでした。そのヘルスが1になり、「メイルシュトロノームのポータル」によって簡単に除去することが可能になったのです。

 

「ちんけなバッカニーア」のナーフについてシャーマンは特に影響はないと思います。

むしろ除去しやすくなったね!といったところでしょうか。

 

また、このナーフの恩恵を受けるデッキとして翡翠ドルイドが挙げられます。

その理由としては「なぎ払い」で簡単に除去が可能になったためです。

 

f:id:mochicoman:20170215152452p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

比較的遅いデッキに分類されるこのデッキは、今までアグロに轢き殺されてきましたが、ヒローパワーで処理ができるようになったり「なぎ払い」での除去が可能になったりとかなりの恩恵を受けています。次のシーズンで台頭してくる可能性が十分考えられます。

 

・精霊の爪

 

 

f:id:mochicoman:20170215153136p:plain

画像はHearthPwn様、HearthGamers様から引用させていただきました。

 

今回のパッチで、マナコストが1から2に変更されました。

 

これに関しては、「なんで今更?」というのが正直な感想です。「ミッドレンジシャーマン」がTier1だった時にしてもよかったのではないかなとも思いますが、アドベンチャーのカードということで修正について慎重になっていたということも考えられます。

 

このカードに関しては、

 

「1ターン目に装備→2ターン目にヒーローパワー」

 

という動きが地味に見えてかなり強力でした。

それができなくなるマナコストの変更はいいものだと思います。

 

しかし、1ターン目に「精霊の爪」を装備する動きは、2ターン目に「メイルシュトロノームのポータル」と合わせて「ちんけなバッカニーア」を処理する構えであることが多いと思います。「ちんけなバッカニーア」は今回のパッチでヘルスが1にナーフされていますので、1ターン目に「精霊の爪」を装備するという動きの持つ意味が少々弱くなったといえます。

 

また、翡翠の爪」という新たな武器を手に入れたシャーマンにとってこの下方修正もそこまで痛手ではないと思われます。今後の環境の変化から目が離せませんね。

 

f:id:mochicoman:20170215154955p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

現時点で発表されているナーフの情報は以上の2枚のみです。もしかしたらまだナーフされるカードがあるかもしれません。

 

新たな情報を確認次第記事を書きますので、ぜひLethal Policeを随時チェックしておいてください。

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

新システムの導入

 

今回のパッチから「フロアルール」が適用されます。

これは、ランク戦において1度ランク15,10,5に到達すればそれ以降負けてもランクがそれより下にはならないというものです。現在ランク20夜下がらない使用が適用されていますが、それをランク15,10,5にも適用されるというイメージですね。

 

以前ベン・ブロード氏が言っていた、「低ランクでも強力なデッキと当たってしまう」という問題を克服するためにとられた措置であると思われます。私は、新規ユーザにやさしくなったという点でいいシステムだと思いました。みなさんもぜひランク戦に挑戦してみましょう!

 

※毎月のランクリセットは継続します。

 

さいごに

 

今回のパッチは全体的に見て素晴らしいものだと思います。

適用時期はおそらく、各地の選手権が終わってからだと思うので2月末であると予想されます。とても楽しみです。みなさんは今回のパッチについてどう思いましたか?もしよければコメントやTwitterのリプライでご意見を聞かせてください。

 

参考リンク

us.battle.net

 

【速報】ちんけなバッカニーア&精霊の爪弱体化。そしてランク戦にフロアルールの追加が発表 - ハースストーンデッキ検索|HearthGamers(ハスゲ)

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

もちこ

 

twitter.com

 

 

 

 

昨日の記事について

どうも、今日は昼からずっと飲んでました。

もちこです。

 

昨日のこちらの記事ですが、、、

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

アクセス数が1000を超え、

Twitterでは80リツイート72いいねもいただきました。

f:id:mochicoman:20170212222331p:plain

(もしよかったらフォローしてね)

 

読んでくださった皆さん、拡散してくださった皆さん、

 

本当にありがとうございました。

 

次はまた別の内容の記事を書こうと思っていたのですが、自分が思っていたよりも多くの方に読んでいただくことができて驚いたと同時にとてもうれしかったので、皆様にいち早く感謝の気持ちを伝えたいと思い急遽この記事を書きました。

 

多くの方に読んでいただけるのは励みになります。

どうぞ今後ともよろしくお願いします。

 

今回はかなり短い記事なりますが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

 

 

 

 

今日から始めるハースストーン

今日は風が強すぎてうまく歩けませんでした。

しばらく外に出たくない。どうも、もちこです。

 

今回は、「ハースストーンの始め方」について記事を書いていこうと思います。

 

はじめに

 

近年デジタルTCGの登場により、今までカードゲームに触れてこなかった人たちもカードゲームというものを身近に感じることができるような時代になってきています。

特に日本はスマホゲーム大国ですので、シャドウバースが大人気ですよね。そんな中、やはりカードゲームというのはどこかとっつきにくいというイメージがあるようです。

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

こちらの記事にも書きましたが、私は様々なカードゲームを経て現在ハースストーンをプレイしています。私のように、すでにカードゲームに触れたことがある人はスムーズに始めることができるのかなと思うのですが、初めてカードゲームに触れる人にとってはわからないことだらけだと思います。

 

現在もプレイしている私から見ても、カードゲームというのは「始めるのが難しい」ゲームだと思います。ローテーション(スタン落ち)がある物は特に始め方始めるタイミングが難しいです。

 

カードゲーム経験者うんぬんと偉そうに書いてきましたが、そんな私でもハースストーンを始めた当初は苦労しました。それはなぜかというと、どこで情報を集めればいいのか何から手を付ければいいのか分からなかったからです。

 

なので、今からハースストーンを始める皆さんにはスムーズに楽しくゲームを始めてもらいたいと思い、今回この記事を執筆するに至りました。ハースストーンに興味はあるけどなかなか手が出ないすでに始めてはいるけどなかなか本格的に取り組めないという方々の一助となれば幸いです。

 

 まずはアプリをインストールしよう

 

iPhoneの方はこちら↓

 

 ・Androidの方はこちら↓

play.google.com

 

スマートフォンでプレイされる方は上記からダウンロードしてみてください。

 

PCでプレイされる方は、公式サイト↓

 

us.battle.net

 

にアクセスしてください。

 

「今すぐ無料でプレイ」というところをクリックするとゲームクライアントダウンロードページDownload Clients)に飛びますので、そこから自分が使っているデバイスに合ったものをダウンロードしましょう。

 

アカウントを作ろう

 

ハースストーンBlizzard社が運営するゲームの一つです。

プレイするためにはBattle.netアカウントというものを作成する必要があります。

まずは公式サイトにアクセスしましょう。スマートフォンの方はアプリ内でもアカウントが作成できたと思います。もしできなかったらブラウザから公式サイトにアクセスしてみてください。)

 

us.battle.net

 

そうしたら、公式サイトのトップページの右上の

f:id:mochicoman:20170210194823p:plain

 

①「アカウントの管理」をクリック

②「アカウントの設定」をクリック

 

してください。

 

f:id:mochicoman:20170210195100p:plain

そうしたらこの画面に移りますので、

 

③「Battle.netアカウントを無料で作成する」をクリック

 

してください。

 

そうすると、この画面に移るので必要事項を記入して登録を完了してください。

f:id:mochicoman:20170210195446p:plain

 

これで準備は完了ですので、ゲームにログインしてください。

 

ようこそハースストーンの世界へ。

 

 ルールを覚えよう

 

ハースストーンは初回プレイ時にチュートリアルがあります。

メイジというクラスの「ジェイナ・プラウドムーア」というキャラクターを使って始まります。

 

f:id:mochicoman:20170210200042p:plain

画像はHEARTHSTONE MANIAC様から引用させていただきました。

エッチな格好だなぁ。

 

ルールはシンプルです。チュートリアルをプレイすれば大体わかると思います。

対戦相手もユニーなキャラクターが多いので楽しんでください。

 

 基本カードを集めよう

 

ハースストーンには9つのヒーローが存在し、それぞれのヒーロー固有のクラスカードと、どのヒーローでも使える中立の基本カードというものが存在します。これは、レベルに応じて手に入れることができるものです。あらかじめコレクションにある基本デッキを使って、プレイモード酒場のおやじ相手に対戦してレベルを上げましょう。

基本カードについてはハースゲーマーズ様がとても分かりやすくまとめてくださっているのでこちらをご覧ください。

 

基本 カード一覧 - ハースストーンデッキ検索|HearthGamers(ハスゲ)

 

情報を集めよう

 

カードゲームにおいて情報を集めることは1番大切なことの一つです。

まず、私が主に使用しているサイト2つをご紹介いたします。とても便利です。

 

・Hearth Gamers

 

hearthgamers.com

 

ハースストーンについての日本最大の情報サイトです。

ハースストーンに関する情報はここですべて見ることができるといっても過言ではありません。まずはこちらでデッキやカードについての情報に触れてみましょう。

 

・Tempo Storm

 

Tempo Storm

 

こちらは海外のサイトです。

すべて英語ですが、おそらく問題なく読めると思います。現に、多くの日本人プレイヤーもこのサイトを利用しています。

このサイトの特徴として、Tier表があります。

(※Tierとは、そのデッキがどれだけ強く、どれだけ使用されているかを示す順位のことです。Tier1,Tier2,Tier3...と続き、Tier1が現在の一番強く使用率が多いデッキとなっています。)

 

f:id:mochicoman:20170210213443p:plain

 

 こちらの「META SNAPSHOT」をクリックするとその表と各デッキのレシピが見れます。定期的に更新されるのでこまめにチェックして、流行りのデッキを知っておきましょう!!!

 

まずは上記のサイトを見て、使ってみたいデッキ、今手元にあるカードで組めそうなデッキを決めてみましょう。

 

また、情報を得る手段としてSNSがあげられます。

ハースストーンに関しては、Twitter,Youtube,Twitchが主に利用されています。

公式が発信する情報プロプレイヤーによる配信は非常に有益なのでチェックしましょう!!

 

・ハースストーン公式

 

twitter.com

こちらは日本のハースストーンの公式Twitterアカウントとなります。

様々な情報を発信してくれているのでフォローしておくと役に立つかもしれません。

 

・ハースゲーマーズの管理人はるかさん

 

twitter.com

先ほど紹介したハースゲーマズの管理人のはるかさんのTwitterアカウントです。

記事の更新つぶやきや有益な情報を発信してくださっているのでフォロー推奨です!!

 

・Pavel Beltiukov

 

twitter.com

今年の世界チャンピオンのPavelのTwitterアカウントです。

大会で使用したデッキレシピなどをつぶやいてくれるので非常に参考になります。

 

・Thijs Molendijk

 

twitter.com

 

t.co

 

www.youtube.com

 

プロプレイヤーのThijsのTwitterアカウント、Twitchのチャンネル、Youtubeチャンネルです。配信はとてもためになり、面白いです。

ぜひ見てみてください。私は大ファンでよく見ています。

 

・JuileEさん

 

twitter.com

 

www.youtube.com

 

日本人の配信者の方です。とにかく面白いの一言に尽きます。

ハースストーングランプリでは選手と解説の両方で参加されており、ものすごい人気です。日本のハースストーンをもっとも盛り上げて下さっている方の一人だと思います。

ぜひご覧ください。

 

・Eloise

 

twitter.com

 

t.co

 

Tempo Storm所属のプロゲーマーのEloiseのTwitterアカウント、Twitchチャンネルです。

 

とにかくかわいいです!!!!

 

そして頻繁に配信をしてくれて、さまざまな種類のデッキを使っているのでとても勉強になります。あとかわいいです(超重要)

 

・Alexander Malsh(Kolento)

 

twitter.com

 

www.twitch.tv

 

www.youtube.com

 

こちらはプロプレイヤーのKolentoのアカウントです。

私が言うのもおこがましいですが、とにかく強いプレイヤーです。動画も配信も非常にわかりやすいので必見です。

 

・ましわぎさん

 

twitter.com

 

www.twitch.tv

 

www.youtube.com

 

ハースストーンをメインにいろいろなゲームの実況をされている日本の配信者の方です。とにかく冷静でわかりやすいです。私が初めて見たハースストーンの動画はましわぎさんのテンポメイジのものでした。こちらも必見です。

 

・Zicoさん

 

 

twitter.com

 

www.twitch.tv

 

ミルローグといえばこの人!!私も大ファンでよく配信を見ています。

英語がお上手で、グローバルな配信をされています。また、ミルローグの勉強にもなりますので必見です。ぜひあなたもてぃーむ(Zicoさんリスナーの総称)に!!

 

・Brian Kibler 

 

twitter.com

 

t.co

 

t.co

 

元々MTGのプロプレイヤーとして活動されていた方で、プロツアー殿堂顕彰者でもあります。現在はハースストーンのプロプレイヤーとしても活動されており、面白いオリジナルデッキを使うことからファンも多いです。大会の解説に呼ばれるなど、ハースストーンを語るうえで欠かせないプレイヤーです。

 

 

さて、情報収集の方法について長々と書いてきました。

実はこれでもほんの一部です。情報が無いのではなく、情報にたどり着けていなかったのです。皆さんが多くの情報にたどり着くための道しるべになれたら幸いです。

 

カードを集めよう

 

情報を集めて、組みたいデッキが決まったらカードを集めましょう。

そのための手段はいくつかあります。

 

・ゲーム内通貨(ゴールド)を溜めよう

 

ハースストーンには、ゲーム内に「ゴールド」という通貨があります。これによってパック(ガチャのようなもの。)やアドベンチャー(ストーリーモードのようなもの。プレイすると限定のカードが手に入る。)を購入することができます。

 

ゴールドを手に入れる方法としては、

 

・毎日1つ与えられるクエストをクリアした時の報酬

・プレイモードで3勝するごとに10ゴールド(1日最大100ゴールド)

・闘技場の報酬

 

があげられます。

クエストはログイン時の表示と、

f:id:mochicoman:20170210224633p:plain

最初の画面のここから確認することができます。

 

闘技場は、ここをクリックしてください。

 

f:id:mochicoman:20170211000953p:plain

 

f:id:mochicoman:20170210224750p:plain

 

ルールとしては、このように3択のカードの中から1枚を選び続けて即席で作ったデッキを用いて戦うモードです。初回プレイのみ無料で、それ以降は有料になっています。

 

3敗した時点での勝利数に応じて報酬がもらえます。たくさん勝てば報酬は豪華になりますが、あまり勝てないと逆に損をしてしまいます。

 

うまくいけばお金を増やせるかもしれません。ぜひ挑戦してみてください。

 

・課金

 

ハースストーンにはゲーム内課金が存在します。

パック、アドベンチャー、ヒーローのスキンを買う際に課金が可能です。

f:id:mochicoman:20170211004324p:plain

購入の際にはショップをクリックしてください。

 

当然ですが、課金をするのが一番早いカードの集め方です。

 

f:id:mochicoman:20170211004547p:plain

画像はHEARTHSTONE MANIAC様から引用させていただきました。

 

ですが自分のお財布と相談して、計画的にしましょう。

 

 

・酒場の喧嘩

 

ハースストーンには毎週木曜日「酒場の喧嘩」というイベントがあります。

 

f:id:mochicoman:20170211005334p:plain

 

こちらをクリックすると酒場の喧嘩に移動します。

(今週から酒場の喧嘩の記事を書き始めました!!

もしよかったら読んでみてください) ↓

mochicoman.hatenablog.jp

 

Lethal Police では毎週木曜日に酒場の喧嘩について記事を書くのでぜひ読んでください!!

 

酒場の喧嘩というのは、特殊ルールで行う対戦です。

オンライン対戦で1勝するとクラシックパックが1つ報酬としてもらうことができます(毎週最大1パックのみ)毎週確実に1パックゲットしましょう!!

 

カードを作ろう

 

パックや報酬以外に、ハースストーンではカードは作成することができます。

まず、前提としてハースストーンはレジェンドカードはデッキに1枚それ以外の同名カードは2枚までしかデッキに入れることができません。そこで、2枚あるレジェンドカード、3枚以上あるその他のカードは「還元」して「魔素(ダスト)」に変換しましょう。

 

f:id:mochicoman:20170211011149p:plain

f:id:mochicoman:20170211011256p:plain

f:id:mochicoman:20170211011339p:plain

f:id:mochicoman:20170211011421p:plain

 

そうしたら②の手順でクリックした作成ボタンからカードが作成できます。

パックで当てられなかったお目当てのカードを作成しましょう。

こうしてカードを集め、作成しデッキが完成します。

 

 対戦してみよう

 

f:id:mochicoman:20170211011751p:plain

 

プレイモードから、カジュアル戦ランク戦に挑戦してみましょう。

自分で作ったデッキを実際に使うのは本当に楽しい瞬間です。ぜひ楽しんでください。

フレンドができたらフレンド同士で対戦もできますのでぜひやってみてください。

 

大会については、私もあまり出たことがないので別の記事(※)を紹介させていただきます。また私が大会に出るようになったらその時改めて書かせていただきますね。

 

(※)こちらをご参照ください。↓

t.co

 

 ハースストーンの続け方

 

さて、ここまではハースストーンの「始め方」について書いてきました。

では最後に、始めたハースストーンを「どう続けていくか」について簡単に述べたいと思います。

 

 

・モチベーション

 

f:id:mochicoman:20170211013627p:plain

画像はHEARTHSTONE MANIAC様から引用させていただきました。

 

まず、ゲームを続けるモチベーションが私は何よりも大切であると考えています。

楽しくなければ続きません。毎月のランク戦で目標を立てたり、大会の成績を目標にしたり楽しみ方は人それぞれです。熱意があれば楽しく積極的にプレイを継続することができると思います。まずは楽しみましょう!

 

・コスト

 

   f:id:mochicoman:20170211014109p:plain

 

モチベーションが何より大切だといいましたが、それが空回りして破産するなんてことはあってはなりません。

ゲームを続けていくうちに欲しいカードは増えていくと思います。そんな時でも課金は自分のお財布と相談して計画的にしてください。破産すればハースストーンは「続ける」ことができなくなります。楽しく継続できるように課金はほどほどにしましょう。

 

・健康

 

f:id:mochicoman:20170211014258p:plain

 

ハースストーンはオンラインで対戦ができるため、基本的にいつでも対戦可能です。しかし、あまり無理をしすぎると生活リズムが乱れ、いずれ体を壊してしまいます。

私も一度ハースストーンを昼夜問わずプレイしていたせいで不眠症になり体調を崩しました。適度な休憩、運動、睡眠はしっかり確保しましょう。健康でないと「続ける」ことはできません。体調管理をしっかりとしましょう!

 

 さいごに

 

長々と書いてきましたが、何が言いたいかというと「とりあえず始めてみてほしい」ということです。

 

何よりモチベーションが大事だといったように、「ハースストーンをやってみたい」と思ったその気持ちは何物にも代えがたい宝物です。大切にしてください。

 

私はハースストーンを始めてよかったと思っており、現在まで楽しくプレイし「続け」ています。この楽しみを皆さんと共有したいと思い今回この記事を書こうと思いました。

 

ハースストーンに興味はあるけどなかなか一歩踏み出せないという方の背中を後押しできたなら幸いです。

 

皆様の参入をお待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

【酒場の喧嘩】トル・バラドの戦い【デッキ紹介】

どうも、もちこです。

 

今日は木曜日ということで、今週の酒場の喧嘩が始まりましたね!

 

今週のルール

f:id:mochicoman:20170209164949p:plain

 

このようになっております。

ここで私は真っ先にこう思いました。

 

「これ、でかいミニオン出しまくるデッキが気持ちイイはずだ!!」

 

使用デッキ

f:id:mochicoman:20170209165920p:plain

 

デッキは星霊交信ランプドルイドを使いました。

(ランプデッキとは、マナ加速によって重いコストのカードを一気に使って勝つデッキの総称です。)

 

このデッキは簡単に言うと、「星霊交信」を使って一気にマナを10まで加速して、「アヴィアナ」「忘却王クン」のコンボを決めて一気に攻め込むデッキです。

また、「星霊交信」「アヴィアナ」のどちらかしか来なくても勝つことができるように構築してあるのでご安心を。

 

盤面によっては、重いミニオンをそのまま出しても構いません

なぜならその分高コストの強力な呪文カードが手に入るからです。

※「アヴィアナ」でコストが1になったミニオンを出しても1マナの呪文カードしか手に入らないことに注意しましょう。

 

実際に使ってみた結果・・・

f:id:mochicoman:20170210184136p:plain

 

 

 

超気持ちよかった。

 

 

今回の記事は短めですが、以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

もちこ

 

twitter.com