読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lethal Police

ゲームについてのあれこれ。

デッキを真似るのは悪いこと??

どうも、もちこです。

最近、卵かけ御飯専用のお醤油を買いました。

 

 

今日の記事はタイトルの通り、「デッキを真似ること」についてお話ししていこうと思います。この記事ではHearthstoneに焦点を当てていますが、もちろんHearthstone以外のカードゲームにも通ずる部分はございます。他のカードゲームをプレイしている人にも読んでいただけたら嬉しいです。

 

f:id:mochicoman:20170314193020j:plain

 

この記事は、以前書いた「今日から始めるハースストーン」続編の様な位置づけとなりますので、もしよかったら先にこちらの記事を読んでみてください。(以下参照)

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

デッキを真似るということ

 

さて、いきなり本題です。

 

大会で好成績を収めた時、レジェンドに達成した時などにデッキレシピを掲載して報告してくれる人がいらっしゃいます。こうした報告に対して寄せられるのはほとんど称賛の声ですが、本当にごく一部でこれに対して以下の様な発言Twitterのリプライ以外にも@返信を用いない通常のつぶやき、対戦相手に直接言われたことなどを含む)をしている人を見かけたことがあります。

 

(注:Hearthstoneに限らず、様々なTCGをプレイしてきた中で出会ったごく一部の人(ネット上の人以外も含む)の発言が目に止まり私が気になって取り上げているだけです。こういったことが頻繁に起きているわけではないので、誤解のないようお願いいたします。)

 

 

 

「Tier1のデッキ使って勝ったことを自慢されてもね・・・」

「〇〇さんのコピーデッキかよ」

「強いデッキパクってるんだから勝って当たり前だろ」

 

f:id:mochicoman:20170314193724j:plain

 

まあ、どのカードゲームでもこういうことを言う人はいますよね。。。(ごく一部ですが!!これ重要!!)

 

デッキを真似ること、果たしてこれは悪いことなのでしょうか?

私はそんなことないと考えます。

 

言葉の語源に関しては諸説ありますが、「学ぶ」という言葉は「真似ぶ(まねぶ)」から来ていると言われることがあります。このことからもわかる様に、真似ることによって学ぶことができるということです。

 

デッキを構築するためには、相当のゲームへの理解度が必要です。

理解度というのは、そのゲームをどれだけやり込んだかが大きく影響してきますので、始めたばかりの頃はいきなり構築をするのは避けたほうがいいでしょう。

 

有名なプレイヤーのデッキをコピーして使うと悪く言う人がいますが、私はむしろコピーして使い込むべきだと思います。プロの方のデッキというのは、確かな経験、技術に裏付けされて構築されています。下手にいじるのは、改悪に他なりません。そのまま使いましょう。

 

「コピーデッキを使って勝つのは当たり前」と言う人もいますが、これは大きな間違いです。カードゲームにおいてデッキを完成させるのは、あくまでスタートラインです。正しく構築されたデッキを使い込むことでプレイヤーのスキルは磨かれていきます。ここからが勝負なので、勝って当たり前というのは間違っていることがわかっていただけると思います。

 

デッキを真似ることは悪いこと?

 

デッキを真似ることは努力の一つです。

正しく構築されたデッキを使うことで、多くのことを学び、吸収することができます。

これは正しい練習方法であり、周りの人もこれを否定するべきではないと思います。

 

なぜ私がこの記事を書くに至ったかといいますと、ビギナーの人が、「デッキを真似ることは悪いことだ」という旨の発言を目にして間違った方向に進んでしまう危険性があると感じたためです。

 

具体的には、前述したようなコメントを見ると

 

「コピーデッキ使って勝つとこんなこと言われるんだ。だったら自分のオリジナルデッキを使って勝たないと!!」

 

と考える人が少なからず出てきてしまいます。

 

オリジナルデッキを使っているビギナーにありがちなパターンとして、負けたことをデッキのせいにする人がいます。勝てば「自分で作ったデッキは強い」といい気になりますし、負ければ「デッキが悪い」と悪態をつく、まるで自分のプレイヤースキルに目を当てていませんよね。これでは上達するわけがありません。正しいデッキを使うことで、負けをデッキのせいにする余地を排除し、自分のプレイヤースキルに焦点を当てることができるという効果もあります。

 

間違った練習法をいくら続けても上手くなりません。勝てないことに嫌気がさして、やめてしまう危険性すらあります。デッキを真似ることを否定する様な発言はコミュニティの衰退につながりますので、是非ともやめていただきたいですね。そういう人が出てこないために、たくさんの人にこの記事を読んでいただきたいと思っています。

 

真似ることは恥ずかしいことではありません。立派な努力の一つです。

いきなりオリジナルデッキ()に手を出すのではなく、正しい練習を積み重ねましょう。

 

さいごに

 

今日の記事、いかがでしたでしょうか?

 

これだけは勘違いしていただきたくないのですが、決してデッキビルダーの皆様を否定しているわけではございません。面白いデッキを構築されている方もたくさんいらっしゃいます。ですが、こういった方々は総じて相当のゲームへの理解度を持った上でデッキを構築されています。始めたばかりでいきなりデッキを構築できたわけではないと思います。

 

自分にデッキを構築するだけの理解度が伴ってきたと感じたら、オリジナルデッキを作ってみるのも楽しみ方の一つです。カードゲームには様々な遊び方、楽しみ方が存在します。否定するのではなく、それぞれがお互いを尊重できるといいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

大会モードの必要性【Hearthstone】

Hearthstone

どうも、もちこです。

実はデスクトップが壊れてしまいまして、現在臨時でノートPCから記事を書いています。ハースストーンもiPadからプレイしています。しんどい。

 

あと、私事ですが、昨日スロール君が金ピカになりました!!

初めてのゴールデンヒーローなのでとても嬉しかったです。

 

f:id:mochicoman:20170313182943j:plain

 

さて、前置きはこの辺にしておいて、今日はハースストーンにおける大会モードの必要性についてです。

 

記事を書くに至った経緯

 

現在のハースストーンの大会は、外部サイトに頼り、フレンド戦を用いて行われています。

 

以前から問題はあるなと思っていたのですが、昨日Twitter大会に関するトラブルを目撃したので思い切って記事を書こうと思い立ちました。

トラブルに関する事実関係、真偽が確実でないため敢えて名前などは伏せますが、トラブルの内容としては以下の様な感じです。

 

まず、オンライン大会では、試合結果の証拠として「勝利画面のスクリーンショットが用いられています。これは、勝敗は自己申告制であり、対戦履歴や勝敗の結果を見返すことがシステム上不可能なためです。昨日の件は、「この勝敗を左右するスクリーンショット捏造され、勝敗が覆ってしまった」というものでした。

 

まず大前提として、この事件が事実ならば一番悪いのは捏造をした人です。これだけは勘違いしないでください。そのことを分かった上で今日の記事は読んでいただきたいと思います。

 

 

大会モードの必要性

 

昨日の件はスクリーンショットが問題となりましたが、大会モードの必要性についてはゲーム中の回線トラブル切断に関しても発生してきた議論です。

 

まず、ゲーム中の回線トラブルと切断についてですが、大会中にこれらが発生してしまった場合、現行のルールでは

 

「再接続を試み、それが実現した場合は巻き戻しはなく試合続行」

「再接続ができなかった場合は再試合」

 

などの対応が取られることが多いです。

接続が切れる前は圧倒的優勢であったにもかかわらず、再試合の結果負けてしまうなどという納得のいかない試合も数多くあったと思います。

 

そこで、切断が発生した当時の状況を再現できる様な大会モードが必要ではないかと考えます。カードゲームとは、「積み上げて勝つ」ゲームだと私は考えています。ただ再試合をすれば解決するなんていう世界ではありません。特に選手権などの大きな大会からでもいいので、切断が発生したターンの状況を解析し再現するシステムを設けて欲しいなと思います。

 

スクリーンショットの件に関しては簡単で、勝敗のログが見れる様になれば一発で解決しますよね。

これに関しては、なぜ今の段階で実装されていないのかナゾです。

 

最後に、今回の冬季プレイオフで多くの方がおっしゃっていた意見からも大会モードがあればいいのになと感じたので私見を述べさせていただきます。

 

2日間にわたって行われたプレイオフですが、初日の予選ラウンドはスイスドロー形式、二日目の決勝ラウンドはシングルイルミネーション形式でしたね(形式の意味がわからない人は自分で調べて、どうぞ。)。

 

ここでよく耳にした声としては「2日間総合の戦績が劣っている人がバハマに行けて、勝っている人がバハマに行けないのはおかしい。(例:予選ラウンド全勝で1位のSweep選手が敗退)」というものでした。大会の形式上これは起こりうることで、ルールだから仕方ないといえば仕方がないのですが気持ちはわかります。

 

これも、大会モードが無いがために発生した意見だと私は考えます。

 

他のカードゲームの大会でよく用いられる方式として、予選ラウンドの順位を決勝ラウンドに反映させるというものがあります。具体的には、「第1ゲームの先手後手を選択する」権限が、予選ラウンドの順位が高い方に与えられます。

 

上記の様な不満を感じている人のほとんどは、予選ラウンドで頑張って上位になったのに決勝ラウンドに行ったらそれが無意味になってしまうのはおかしいのではないかと考えているのではないかと推測します。これを解消するためにも専用の大会モードを設け、大会限定でいいので先手後手を選ぶ権限予選ラウンドの順位が高い方に与えれば良いのではないかと考えました。

 

これは実際に私がプレイしていたTCGにおいて行われていた方式です。

ハースストーンはデジタルTCGなので、難しい部分もありますが私個人としては実装されたらいいなと思います。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

大会に関する私個人の意見を書いてみました。

大会では不正に気をとられることなく、スポーツマンシップにのっとり全力でプレイしたいですからね。不正が入り込む余地を運営が全力で排除していくべきだと思います。

 

もし他の意見がありましたらコメントやTwitterのリプライでシェアしていただけたらなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

 

先月のハースストーンとこれから

Hearthstone

どうも、もちこです。

おかげさまで風邪が完治しました。

というわけでまったり書いていきます。

 

今日の記事はすごく個人的な、先月のハースストーンのまとめです。

 

アドベンチャー

先月はラダーがとてもつまらなかったので、まずカラザンヒロイックモードをクリアしました。とても楽しかったので、皆さんもチャレンジしてみてください。もしよかったら私が書いた攻略記事もありますので参考にしてくださいな。(以下参照)

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

mochicoman.hatenablog.jp

 

 

ラダー

ここから派生して、ワイルドのランク戦を始めました。

スタンダードが煮詰まってきたときの息抜きにちょうど良かったです。

 

今後は大会ヒロイック酒場がワイルドでも開催されるということで、とても楽しみですね。

 

というわけで、今月の結果はこんな感じになりました。

 

f:id:mochicoman:20170305164600p:plain

f:id:mochicoman:20170305164607p:plain

 

スタンダードがランク5ワイルドがランク12でした。

 

一応毎月の最低ラインとしてランク5を設定しているのでノルマは何とか達成というところでしょうか。先月はアドベンチャーやワイルドなど寄り道をたくさんしたのでまずまずかなと思います。

 

アジア太平洋冬季プレイオフ

 

ハースストーンアジア太平洋冬季プレイオフの観戦に行きました。

ハースストーンが大好きな皆さんと試合を観戦できてとても楽しかったです。

 

なによりb787さん優勝おめでとうございました!

 

私がハースストーンで一番好きなウォリアーコントロールを持ち込んでの優勝、かなりうれしかったです。この調子でバハマでも頑張ってきてください!応援しております。

 

観戦では、Twitterのフォロワーの方々やブログを読んでくださっている方に会えてよかったです。励みになります。

 

今はとにかくパワーコアが早く欲しくてうずうずしております。

 

リザード、まだですか?????

 

これから

観戦に行って、やはりこのゲームは競技として取り組む価値のある素晴らしいゲームであると思いました。今までランク5の最低ラインで満足してしまっていましたが、今後は私生活とのバランスを取りながら貪欲にレジェンドに向けてプレイしていこうと思いました。また、大会にもどんどん出ていこうと思います。

 

ラダーについては、今月はナーフ後で環境が定まっていないため試行錯誤を繰り返しており、やっとランク10になったところです…。

 

フロアシステムのおかげで様々なデッキを試すことができるのはいいことだと思います。対戦相手の方も皆さん多様なデッキを使われていて、戸惑いながらも楽しく新鮮な気持ちでプレイできています。(そのせいかランクがなかなか上がらず苦しんでおりますが…ww)

 

多様なデッキがそれぞれ活躍できる環境こそ、カードゲームのあるべき姿だと思います。今月は、たった2枚のカードがナーフされただけでここまで変わるのかと驚きを隠せません。ナーフをしてくれたブリザードに感謝しながらこれからもプレイしていきます。

 

サンキューブリザード!!

 

まとめ

今日の記事に関してはまとめも何もありません(笑)

「これまで以上に頑張るぞ~!」ってことです。

 

今日は短めですが、この辺で終わりにしておきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

 

【酒場の喧嘩】仁義なきガジェッツァン頂上作戦【考察】

酒場の喧嘩

どうも、もちこです。

 

記事の更新が大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

風邪で寝込んでおりました…。

季節の変わり目ですので、皆様も体調には気を付けてください。

 

今日は木曜日ということで、酒場の喧嘩の記事です。

ここの所、デッキ構築不要の酒場の喧嘩が続いているため、正直書くことがないです…(小声)

 

今週のルール

 

f:id:mochicoman:20170302180450p:plain

 

デッキ構築は不要で、「仁義なきガジェッツァン」のパックに収録されているカードの身によって構築されたランダムなデッキを使って戦うルールとなっております。

 

ヒーローは、ガジェッツァンの3大犯罪組織のボスである

 

「カザカス」「ドン・ハン=チョー」「アヤ・ブラックポー」

 

を使うことができます。

エモートもそれぞれ新ヴォイスなのでぜひ連打してみてください(笑)

 

ヒーローパワーもそれぞれユニークなものになっております。

(以下画像参照)

 

f:id:mochicoman:20170302181057p:plain

f:id:mochicoman:20170302181104p:plain

f:id:mochicoman:20170302181109p:plain

 

感想と考察

 

今回の酒場では、圧倒的に「ドン・ハン=チョー」が強いです。

現在のスタンダード環境では全く活躍できていないグライミーグーンズですが(ウォリアーは海賊なのでノーカン)、ハンドバフはここまで強力なものだったのかということをわからせてくれました。

 

デッキがランダムということもあり、アリーナでバフが強いのと同じ原理で「ドン・ハン=チョー」が強くなっているのではないかなと思いました。

 

「仁義なきガジェッツァン」に収録されているカードのみで構築されたデッキということで、普段あまり使うことのないカードが意外な活躍を見せてくれたりととても楽しかったです。

 

「新拡張の情報も出始めているけど、ガジェッツァンもまだまだ楽しんでね!」

 

というブリザードメッセージが込められた酒場の喧嘩だと思いました。

 

 

 

今回の記事は少し短くなってしまいましたがここまでとなります。

私はお薬を飲んで寝ようと思います…(涙)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

ゴールデンカードの活用法

Hearthstone

どうも、もちこです。

 

寝違えていた首はだいぶ良くなりましたが、今は花粉症に苦しんでいます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日の記事では、「Hearthstoneのゴールデンカードの活用法」について書いていきたいと思います。

(※今回の記事は資産に余裕がある人向けです。あくまで私個人の活用法を紹介するだけなのでこれが正解ということはありません。)

 

ゴールデンカードとは

 

まず、ハースストーンにはすべてのカードにそれぞれノーマルカードゴールデンカードが存在します。これらはプレイする上で見た目以外区別されず、全く同じ効果を発揮します。

f:id:mochicoman:20170224192727p:plain

f:id:mochicoman:20170224192745p:plain

 

このようにゴールデンカードはカードの枠が金色で、イラストが動くようになっています。とてもかっこいいですが、作成するには通常のものと比べて2倍の魔素(ダスト)が必要になります。

 

私は基本的にレアリティに全くこだわりがありません。

「使えるなら安いほうでいい」と考えています。

 

そんな私ですが、一部のカードに限ってあえてゴールデンにしています。

今回の記事では、その理由活用法を皆様とシェアしていきたいと思います。

 

ゴールデンにする理由と活用法

 

私はワタリガラスの偶像」「おしゃべりな本」などの、「発見」の効果を持つカードをあえてゴールデンにしています。

その理由は、

 

「デッキに元から入っているカードと発見によって手に入れたカードを区別するため」

 

です。

 

具体的な例を挙げてみましょう。

 

f:id:mochicoman:20170224200351p:plain

 

この試合、私はマリゴスドルイドを使用しています。

1ターン目にプレイしたワタリガラスの偶像」から「なぎ払い」を発見しました。

この画像のように、「発見」の効果を持つカードがゴールデンだと、そこから発見されるカードもゴールデンになります

 

こうすると、私のデッキに元から入っている「なぎ払い」はノーマルにしてありますので、一目でどちらが発見によって手に入れたカードか区別することができます。

 

なぜ区別する必要があるのかについてですが、これはハースストーンの基本的なプレイングに関係します。ハースストーンはレジェンドカードは同名カード1枚まで、その他のカードは同名カード2枚までをデッキに入れることができますね?これを利用します。

 

たとえば、このゲーム中に「なぎ払い」を1枚使っていて、自分の手札に発見した「なぎ払い」元からデッキに入っている「なぎ払い」(最後の1枚)があり、「なぎ払い」を使いたい場面に遭遇したとします。この場合は、元からデッキに入っている方から使うのが正解です。なぜなら、これにより相手に「もうなぎ払いは2枚使い切った。」と思わせることができるからです。相手にこう思わせることで、翻弄させたり、突然のリーサルを決めることができます。

 

さらに、ハイランダー構築のレノメイジにおける「おしゃべりな本」も同様の活用ができます。レノメイジは基本的に各カード1枚ずつしかデッキに入れていないのでもっと単純ですね。相手に「さっきこのカードは使ったはずだしもうないだろう」と油断させることができます。

 

f:id:mochicoman:20170224202622p:plain

※秘策カードは、おしゃべりな本から発見されたものであるか否か相手はわかりません。これも応用して相手を翻弄してみましょう。

 

冒頭で紹介した「蒐集家シャク」は、対戦相手のクラスから発見するので区別も何もないのではないかと思われるかもしれませんが、ローグのミラーマッチでは区別をする必要があります。アグロローグが最近流行りつつあり、ミラーマッチが増えると思われますので十分役に立つと思います。

 

注意点

 

この方法による区別の注意点としては、

 

「発見」の効果を持つカード以外はゴールデンにしない

 

ということです。

どっちもゴールデンになると区別も何もないですからね。

当たり前のことですが一応注意喚起をしておきます。

 

さいごに

 

私のゴールデンカードの活用法はいかがでしたでしょうか?

 

「そんなの自分の頭で覚えておけばいいじゃん。」と言われればごもっともなのですが、こういう方法もあって私はこれを実践しているよというご紹介でした。

 

ぜひゴールデンカードを活用してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

【酒場の喧嘩】クローンボール!【考察】

酒場の喧嘩

大変ご無沙汰しております、もちこです。

 

実は最近ひどく寝違えまして、記事を書くことはおろかベッドから起き上がることもできませんでした。だいぶ良くなってきたので、今回はリハビリがてら軽~く書いて見ようと思います。

 

さて、今日は木曜日ということで酒場の喧嘩の記事です。

 

今週のルール

 

f:id:mochicoman:20170223164447p:plain

 

以上のようになっております。

今週は構築が不要なルールのためデッキ紹介はありません。

 

7種類のレジェンドミニオンがそれぞれ4枚ずつ入っている計28枚のランダムなデッキを使って遊ぶというルールになっております。

 

レジェンドミニオンはその強力さゆえにデッキに同名カードは1枚しか入れることができません。今回は4枚も使えるということでかなり豪快な戦いが楽しめます!

 

考察

 

実はこのルール、去年にも同じものがありましたが、その時は6種類のレジェンドミニオンそれぞれ5枚入った計30枚のデッキが構築されていました。

 

では、なぜ今週のルールでは7種類×4に変更されたのでしょうか??

 

おそらくそれはこいつのせいです。

 

f:id:mochicoman:20170208154605p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

まあ、もう言わなくてもわかりますよね…ww

特に考察するまでもありませんでした。ハイ。

 

もちろん今週のルールでもパッチーズはデッキに入る可能性があります。

 

実際に使ってみた

 

f:id:mochicoman:20170223165713p:plain

 

お相手の方はこの後すぐにはじけ飛びました。

無茶苦茶してごめんなさい…

 

さいごに

 

デッキ構築が不要な酒場の喧嘩の記事って何を書けばいいか難しいですね。

今回はかなり軽めになってしまいましたが、今後こういうのが読みたいとかありましたらコメントやリプライで教えてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もちこ

 

twitter.com

 

【酒場の喧嘩】鮮血の魔術【デッキ紹介】

酒場の喧嘩

昼夜逆転が治りません、もちこです。

美容に良くないので早く何とかしたい…(切実)

誰か良い方法あったら教えてください。

 

さて、今日は木曜日ということで酒場の喧嘩のデッキ紹介です。

 

今週のルール

 

f:id:mochicoman:20170216144305p:plain

 

以上のようになっております。

簡単に言うと

 

「マナコストを自分の体力で支払えるよ」

 

ということです。

 

使用デッキ例

 

このルールを見たときに、真っ先に先行ワンターンキルを考え始めました。マナの概念があるゲームでは1ターンに使えるカードにどうしても上限があるため、先行ワンターンキルというのは難しいものです。しかし、このルールならば体力で支払えるのでその縛りが弱くなっているため、それが可能なのです。

 

遊戯王をプレイしていたころはワンキルを狙えるコンボデッキが大好きだったので、当時の血が騒ぎましたね(満足民並みの感想)。

 

・無限ドロードルイド(ボツ)

 

f:id:mochicoman:20170216145501p:plain

このルールではたくさんの呪文を使うことができます。

そこで、「ガジェッツァンの競売人」が場にいる状態であればたくさんドローできて気持ち良いのではないかと考えました。

 

f:id:mochicoman:20170216145653p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

デッキのミニオン「バーンズ」「ガジェッツァンの競売人」のみにすることで確定でコピーを出すことができます。また、「バーンズ」は4マナなので後攻であれば「練気」「コイン」を用いて1ターン目に着地させることが可能になります。

 

 f:id:mochicoman:20170216150021p:plain

f:id:mochicoman:20170216150031p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

これで気持ち良くなれる!!!!と思ったのですが・・・

 

 

 

 

 

「時間が足りなかった」

 

 

 

 

 

ドローや選択に時間がかかるため、全然間に合いませんでした…(涙)

というわけでボツです。発想は良かったと思うのでもし何か解決策があれば教えてください!!なn

 

 

・アグロパラディン

 

最近スタンダードではほとんど見なくなったかわいそうなウーサー君ですが、今週の酒場ではおそらくTier1です。すごーい!!

 

f:id:mochicoman:20170216150606p:plain

 

なぜ強いかというと、軽いバフカードがたくさんあるからです。

先行でバフして殴れるように突撃に代わるカードを多数採用しています。適度に回復やドローをしながら「海賊パッチーズ」「南海の甲板員」をバフしてワンショットキルを狙いましょう。どんどん呪文を使って手札がなくなるので「神聖なる恩寵」でたくさんドローできるのも気持ちがいいです。

 

f:id:mochicoman:20170216151120p:plain

 

実際に使ってみるとこんな感じになります。

 

 

「超気持ちよかった」

 

 

さて、ここまで読んだ人の中には「パッチーズ持ってないよぉ…」という方もいらっしゃることでしょう。ご安心ください。そんな方のためにデッキを組んでみました!

 

・イノシシOTKパラディン

 

f:id:mochicoman:20170216151409p:plain

 

要するに突撃を持つミニオンをバフして殴ればいいんです(トログ並みの知能)

つまり、イノシシでいいんです。いや、イノシシいいんです!(?)

 

f:id:mochicoman:20170216151951p:plain

画像はHearthGamers様から引用させていただきました。

 

基本的な動きは同じで、

 

「石牙のイノシシ」をなんとか引いてきてバフして殴るだけ

 

です。

 

f:id:mochicoman:20170216152224p:plain

 

実際に使うとこんな感じになります。

ね?気持ちいいでしょう??

 

 

さいごに

 

今週の酒場はいつも通りめちゃくちゃです(笑)

もしよかったら上記で紹介したデッキを使って気持ちよくなってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

f:id:mochicoman:20170216152548j:plain

 

もちこ

 

twitter.com